:::

首頁頁籤區塊,包含館藏查詢、所內相關典藏,移動至頁籤後,可以使用鍵盤左右方向鍵切換至不同的頁籤。

本所が創立された民国17年(1928年)から民国26年(1937年)まで、所在地は5回移転しました。その際でも、研究とフィールドワークの成果は優れていました。当館の所蔵で、この10年間のアーカイブは最も多く、目録作成のために、文書番号の前に「元」の字をつけました。合計595号であり…
本資料は民国74年(1985年)1月に、傅斯年(1896-1950)先生の家族から寄贈されました。所蔵の中で一番貴重なものと言えます。合計5300件余りになり、その種類には主に、遺稿と書簡、他には写真・新聞の切り抜きと個人遺留品も含まれています…
本資料は民国15年(1926年)のものであり、丁文江(1887-1936)と、軍事・政治・商業・学術界など各方面の重要人物との往復書簡です。丁氏との手紙の往復に関連する人物は、梁啟超・蔡元培・徐志摩・翁文灝・蔣百里・孫傳芳・陳儀・徐新六・劉厚生・董顯光など著名な人物です…
起居注
(檔案とは、中国明清時代での公文書です。)史語所所蔵の内閣大庫の檔案は、もともとは清朝宮廷の内閣大庫に保存されていました。宣統元年(1909)に、内閣大庫のリフォーム予定のために移動しましたが、その後まもなく清朝が滅亡しました。大量の檔案が何度も流転し、一度は再生紙の原料として同懋增製紙工場に売られましたが…
侈口附耳縮頸圓腹圜底瓶
本所の考古資料は主に、商代晩期の都城遺跡「殷墟」から出土したものであります。初代の考古学者らは、本所創立の1928年から1937年まで、河南安陽区域で15回発堀作業を行いました。この作業は、中国の考古学研究に強固な基盤を築きました。他の遺跡も顕著な成果を収めました…
史語所數位典藏資料庫整合系統
民国74年に中央研究院歴史言語研究所において、「漢籍文献自動化」計画を始動して以降、所内コレクションのデジタル化作業を全力で続けています。このシステムにより、史語所の所蔵考古資料、漢代簡牘、金石拓本…
contribute02
contribute01